ある日友人と滑ろうと、スキー場で待ち合わせをしたんだよね。

そしたら相手が事情で、午後から合流となったんだ。

一人で滑るのも良かったんだけれど、時間つぶしにスクールに入ってみようかと・・・

コースは『ブラッシュアップ・コース』

受付に聞いてみると申込みは2人だって。

おいらは『おっ、ラッキー?』と思ったのさ。

 

集合時間になると、集まったメンバーはおいらと中年の女性・・・

彼女、ブーツに板にと、足回りはバッチリ!

『相当やるのかな?』という雰囲気がプンプン。

 

コースが始まって、主にフォールラインから切り返しのブラッシュ・アップと相成りましたよ。

おいらの中では、知っていることも有ったし、『これいいね』と言うものも教えてもらい、和気あいあいと、まぁまぁの時間つぶしとなったんだ。

 

コースも中盤になった頃、その中年女性が先生にあることを言ったんだな。

中年女性『先生はそう言われるけど、私が去年XXスキー場のOOデモに習ったときはこう言われましたよ』

先生『・・・・・』

おいら『ナイガシタインダイ?オマエハ!』(心の声

 

その瞬間からコースの雰囲気が悪くなったのは言うまでもない。

おいらはOOデモってのを知らなかった。

先生はOOデモってのを知っているんだろうな。

あるカテゴリーの中では、先生よりOOデモってのが上なんだろうな。

でも、その時点で中年女性の『フォールラインから切り返し』が未熟だから、先生はそれに対するアドバイスしたんだよね。

先生の立場ないじゃん。

 

なんか偉い人に習ったことが自慢なら、ブーツバックの中にでも叫べばばいいじゃん。

なんか偉い人に習ったことが正しいと思うなら、その方法を自分のものにすればいいじゃん。

なんか偉い人に習ったことを身に付けたつもりだけど、不完全だから先生がアドバイスしたんじゃぁないのかな?

 

スキーの楽しみ方っていろいろあると思うが、『XXに習った』『XXと同じマテリアル買った』の類の楽しみ方は、表に出さないほうがみんな幸せになれる、と思うおいらでした。